Dear Doctor

カテゴリをどうするか迷ったのですが、「Dear Doctor」はストーンズの曲なので、ブライアンのカテゴリにしました。

今日の帰り道は、この曲を聴いているのがとっても心地よかったのです。

♪oh help me  please doctor,  I’m damaged♪
(疲れちゃったよ どうしたらいいかな? ねえ、先生?)

アレだコレだ、と考えていて、ありえない凡ミスをしているし、

私、大丈夫なのか?と思いながら、
「さて、帰ろう」としたときに、ちょっと大変な電話をとってしまい、その対応のため、アッチに電話かけたりコッチに電話かけたり、一人で大わらわ。
(他の社員は退社or出張だったため、私が対応するしかなかった)

「あの対応で大丈夫だったのだろうか……」
と星ひとつない夜空を見上げながら、ぼんやりしていたら、「Dear Doctor」が聴きたくなった。

繰り返し繰り返し「Dear Doctor」。
別にお医者さんに助けを求めたいような気分ではなかったのですが、このメロディーが疲れた心にそっと寄り添ってくれた。

ブライアンかもしれないハーモニカの音も気持ちよかったし。

ああ、返事をしなくてはならないメールもたまっている。

返事がしたくないわけではなくて……、

ほら、例えば、こういうことってありません? 誰かと会うのを楽しみにしていて、たくさん会話を楽しみたいなんて思っているのに、実際に会って話したらドッと疲れてしまって、「余計なことを話しすぎてしまった……」なんて、気分が沈んでしまうこと。

それで、こんなことなら誰にも会わなければよかったなんて思っちゃったりして。

メールもそういうときがあるのです。

忙しいときにバタバタして打ったメールが、ヘンな感じになってしまって、
「あんなメール送って失敗ーっ」
って、相手に悪いなって思って落ち込んでしまう。

だから気分がのらないときには、メールの返事をするのもしんどい。

でも、今日は新発見。

疲れた気持ちのときには、「Dear Doctor」オススメです。

何度も聴いていたら、少しずつ元気になってきて、家に近付いた頃には「Country Honk」が聴けるくらいになっていましたから。^^

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする