Brian’s Birthday 2011(Jimi,Janis And Brian)

アフリカへの旅以来、すっかり気が抜けて、
心のリハビリが必要みたいな状態になっていましたが、
アフリカへ、またはアフリカからの道中、
「ああ、あの心地いい、あたかかい空間に行きたいな」
と、思い浮かべていた龍之介さんのライブに行くことができ、
初めてステージの真ん前の席になり、
ひっそりと人込みにまぎれて、感動したり涙したり笑ったりしていたいなと思っていた私は、
ちょっぴり緊張感を味わいながらも、感動したり涙したり笑ったりしました。

そして、
クリント・イーストウッド監督の「ヒア アフター」を観て、
マイナスだけだと思っていたものがプラスに転じる素晴らしさとか、
大きく言うと、前向きに生きていこうとする人間の底力とかを感じて、
その他、諸々のことを通して、時間も経ってきて、
どうにか
どうにか
平常心を取り戻しつつ、あります。

さて、
2月28日はブライアンのお誕生日です。
お花をいけました。


今回は、スマートでオシャレなイメージの白いカラーがポイントです。

なーんとなくブライアンのイメージだと思いました。
もちろん華やかさもプラスして[E:cute]

はっぴ~ば~すで~ ぶらいあん♪

スポンサーリンク

AUNT MARYの 「Jimi,Janis And Brian」(1971)

というところで、ブライアンを想いながら、今回はメインさんから教えて頂いた曲を聴きましょう。

AUNT MARYの 「Jimi,Janis And Brian」(1971)
ジミ・ヘンドリクスとジャニス・ジョプリンとブライアンに捧げた曲なのでしょうか。

↓メインさんによる曲解説↓(さすが詳しい!)
AUNT MARYは1969年に結成されたノルウェーのバンドで、
70年代初期にスタジオアルバム3枚とシングルを何枚か出していて、
そのシングルのひとつが映像のやつです。
で、この曲が3枚のアルバムのなかには入っていなくて、
ベスト盤には入っているらしいのですが、もう一度聴きたいとずっと思ってたら
YouTubeにアップされていました

ところで、この曲は「Abraham, Martin And John」という曲の替え歌です。
DION (DIMUCCHI)という人が最初に歌い大ヒットし、
その後、SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES、MARVIN GAYE、
HARRY BELAFONTEがヒットさせています。
また、BOB DYLANやBON JOVIやPAUL WELLERなどが
この曲(AM&J)をライブで歌ったり録音したりしています。

では! 聴いてみましょう♪

Has anybody here seen my old friend Brian Jones?
Can you tell me where he’s gone?
He freed a lot of people,
But it seems the good they die young.
I just looked around and he’s gone.
Anybody here seen my old friend Janis Joplin?
Can you tell me where she’s gone?
She freed a lot of people,
But it seems the good they die young.
I just looked around and she’s gone.
Didn’t you love the things that they stood for?
Didn’t they try to find some good for you and me?
And we’ll be free
Some day soon, and it’s a-gonna be one day …
(×2)
Anybody here seen my old friend Jimi Hendrix?
Could you tell me where he’s gone?
I thought I saw him walk up over the hill.
Jimi, Janis and Brian…

あなたの”一生懸命”を応援します☆
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. メイン より:

    うわっ、へったくそな文章でお恥ずかしいかぎりです〜[E:coldsweats01]
    4月にはブライアンが生前好きだったアーティストのひとりで、
    ハイドパーク追悼コンサートにおいてストーンズが1曲目に演奏した曲
    「I'm Yours, She's Mine」(原曲は「I'm Yours And I'm Hers」)の作者
    ジョニー・ウインターが奇跡の初来日をします。(自分は3日間とも行きます!)
    彼はジミとは何度かセッションしてるので、
    もしブライアンが生きていたらその後にブライアンとも接点があったかもしれません。
    もうすぐ28日、明日はブライアン何食べて何聴くんでしょうね〜[E:note]
    HAPPY BIRTHDAY BRAIAN [E:birthday]

  2. るか。 より:

    あっ、メイン先生、どうもですっ[E:happy01]
    すっかりお勉強させていただきました。
    その上、引用させていただきましたです。
    ジョニー・ウィンターの曲はよくわからないけれど、
    ブライアンが好きだったのなら、行きたい、聴きたい気持ちになっています。
    3日間は無理としても、1日だけくらい[E:coldsweats01]
    うーん、ブライアンはそうですね~
    ワイン飲んで、ステーキ食べて、食後に紅茶でしょうか。
    で、「え、この曲知らないけど、いいですね♪」的な音楽をかけてくれて、ブライアンの音楽講義を聞いていると、不意にギターなどを持ち出して演奏してくれたり。
    はっ、自分がその場にいるような妄想になってしまいました[E:sweat02]

  3. ちえ より:

    昨年12月「爆音シタール~」に参加して依頼ですが、お元気ですか?
    28日も終わりに近づいていておりますが…ブライアンを偲んでお邪魔させていただきました[E:#xEAD9]
    [E:#xE4F6]ハニワさん所にHAZUKIさん?という、ピチピチのブライアンファンが増えました←先月からブログを立ち上げたそうで…ストーンズクッキーにはビックリしますヨ[E:good]

  4. メイン より:

    ありゃ〜ブラインの綴り間違えてる〜[E:wobbly]
    ごめんなさいBRIAN [E:coldsweats01]

  5. るか。 より:

    ちえさん
    こんばんは。お元気ですか?
    私はボチボチです。
    あのオフ会の時は、私、テンパってて、記憶も途切れ途切れなのですが、楽しかったですね♪
    ブライアンファンの方が新しいブログを!
    ブライアンの輪が広がっていくのは素晴らしいです^^♪

  6. るか。 より:

    メインさん
    大丈夫ですよ。
    ブライアンは笑ってくれますよ~
    それより、お誕生日をお祝いしてくれていることを喜んでいると思います[E:shine]