「SHINE A LIGHT」(映画レビューの別ブログへのリンクになります)

ザ・ローリング・ストーンズ「SHINE A LIGHT」(監督:マーティン・スコセッシ)を観た。

映画レビューはコチラ!(映画レビューの別ブログへのリンクになります)
http://kaiteki9.info/2008/12/08/shine-a-light/

更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キーフ より:

    はじめまして[E:sign03]僕も観ました。ローリングストーンズのライブは観るたび、ブライアンがロニーとチャーリーの間に存在を感じてしまいます。
    エンドロールのWILD HORSES でのキースの「こりゃ見込みないな」を聞いてブライアンが笑っている気がしました。

  2. るか。 より:

    はじめまして。
    コメントありがとうございます♪
    以前、
    http://moon999.way-nifty.com/blog/2007/04/beggars_banquet_8a42.html
    の中で書いたのですが、今のストーンズにもブライアンはいる!っていうのを読んで以来、70年代以降のストーンズにもブライアンの存在を感じるようになりました。
    そうですね、ブライアンはきっと今のストーンズの活躍や言動を見ながら、笑っているような気がします^^

  3. col より:

    はじめまして
    ホントにすいごい臨場感でしたね
    できればもう少し60年代の曲を選んで欲しかった

  4. るか。 より:

    はじめまして。
    ファン歴の日が浅い私は、実際のライブには行ったことがないのですが、映画代だけであの臨場感を味わえるのはすごいことですよね!
    60年代の曲以外はあまり知らない私でも充分楽しめたのですが、実はひときわ感動したのは「Jumpin' Jack Flash 」と「Sympathy for the Devil 」でした☆