ジャジューカ・プロジェクト part12

手洗い、うがい、インフルエンザ、体調には気をつけましょう。
私は電車の中でだけ、マスクの人になっています。

***************
さて、ジャジューカですが、来月のツアーが発表されました。

イギリス(ロンドン)とポルトガルにて。

オーネット・コールマンとの共演もあります。

ジャジューカとオーネット・コールマンとのことは以前も紹介しましたが、ここでもう一度、おさらい。

↓ジャジューカが参加したアルバムです。
「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」

『オーネット・コールマンは1930年アメリカ生まれのジャズ・サックス奏者。
このアルバムにおさめられている「ミッドナイト・サンライズ」は、1973年にジャジューカ村を訪れ、一緒に演奏したものとのこと。

ブライアンが編集したアルバムの音よりも、生音っぽいです。

サックスの音とジャジューカの音の絡まりあいがカッコいいです。

この曲は映画「裸のランチ」の音楽としても使われたそうで(サウンド・トラックにも入ってます)、この映画はDVDで観ましたが、そういえばなんとなく聞き覚えがあるような。

「裸のランチ」の原作者のウィリアム・バロウズをブライアンも好きだったそうですが(そんなつながりで、この映画も観たのですが)、この原作は私にとっては訳わからなすぎです。

わからなくてもいい小説なのかもしれませんけど。

その点、映画のほうはグロテスクではありながらも、おもしろいです。

原作とは別物って感じですが。

ポール・ボウルズ、ジェイン・ボウルズ、アレン・ギンズバーグやジャック・ケルアックあたりのことを知っていると、より楽しめると思います。』

――オーネット・コールマンとジャジューカの演奏、聴きたーーーい!

今回のフェスティバルの参加者の中には、オノ・ヨーコとショーン・レノンの名前もあります。

というわけで、ライブ会場にいらっしゃれる方は、思いっきり生演奏を堪能してきてください。

そして、出来れば(前にも書きましたが)、
「日本にも来て下さ~い♡」
ラブコールを直接してきてください。

私と同じく会場には行けない……、という方は、せめて映像を観てトランスりましょー☆彡

今年、2009年2月6日、Royce Hall でのライブの模様です。

会場盛り上がってる~^^

実際にホールにいたら、気持ちいいでしょうね~

let’s enjoy “jajouka”!

あなたの”一生懸命”を応援します☆
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SonyaSunny より:

    Hi,
    Thanks for article. Everytime like to read you.