東京Jajouka 4th ワンマン LIVE、なご報告

東京Jajouka(ジャジューカ)4th ワンマン LIVE
に行ってまいりました!!

遅れましたが、そのご報告とライヴを通して感じたことなど。

ブライアン片山さんから頂いたセットリスト↓↓
◆12/2(日) @銀座TACT《セット・リスト》
【1-STAGE】
1. Everybody Needs Somebody To Love ~ Pain In My Heart
2. Walking The Dog
3.(I Can’t Get No)Satisfaction *EG & Harp
4. Come On *Harp
5. I Am Waiting *Dulcimer
6. Lady Jane *Dulcimer
7. No Expectations *Open E(Slide)
8. Street Fighting Man *Open E
9. Sitar Solo(”Cosmic Christmas”)~ Mother’s Little Helper *Sitar
10. Paint It, Black(黒くぬれ!)*Sitar

【2-STAGE】
1. Under My Thumb
2. Get Off Of My Cloud(一人ぼっちの世界)
3. Let’s Spend The Night Together(夜をぶっとばせ)*Piano
4. Ruby Tuesday *Recorder
5. Poison Ivy
6. Money *Harp
7. As Tears Go By(涙あふれて)
8. The Last Time
9. Have You Seen Your Mother, Baby, Standing in The Shadow?
10. 19th Nervous Breakdown(19回目の神経衰弱)
11. I Wanna Be Your Man(彼氏になりたい)*Open E(Slide)

【Encore】
1. 2120 South Michigan Avenue(南ミシガン通り2120)*EG & Harp
2. She’s A Rainbow *Capo:5
3. Jumping Jack Flash

よかったですよ~^^
私は未だ尚、強く輝き続けるブライアンの魂を感じました。
自分も頑張らなくちゃ!とパワーをもらいました。

「No Expectations」では、思わず涙しました。

先日公開された、
ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念公式ドキュメンタリー「Crossfire Hurricane
を観た方は、”思わず涙”の理由がわかるのではないか、と思います。

メンバーはスタジオでブライアンを仲間はずれなんかにしていなかった。
やる気を起こさせようとしたけれどダメだった。

でも、車座になって「No Expectations」を演奏している時、
ブライアンがあの綺麗なフレーズを奏でた。

解雇を告げた時、ブライアンは、
たまに参加するという形にはできないか、
と聞いたけれど、却下されたという話がある。

ストーンズで解雇、
と言えば、
デビューの頃、当時のマネージャーであったアンドリュー・オールダムはイアン・スチュアートをメンバーから外すことを命じた。

6人では多すぎる、容姿がストーンズのイメージに合わない、
というのが理由だった。

解雇を告げたのはリーダーだったブライアン。

でも、スチュは完全に切られたわけではなく、その後もストーンズと共に動き、
演奏にもたまに参加していた。

もしかしてブライアンは、解雇とはいっても、自分もスチュのように扱ってはもらえないか、
と思ったのかもしれない。

このエピソードについて、以前書いた記事で触れています。↓
同じグループで活動するということ。 」

当初は新メンバー、ミック・テイラーのお披露目になるはずだった、
結局はブライアンの追悼コンサートになってしまったハイド・パークに、ブライアンはミックから呼ばれていたという。

クビにしておいて見世物にするつもりだったのか、
という解釈もされてきましたが、
もしかしてミックは、「たまに演奏に参加する」という形をとる布石をうっておこうか、と思ったのかもしれない。

解雇して清々した気分になんてなっていなかった。

解雇したことを
”後悔した、他に方法があったかもしれない”
とミックは言う。

ブライアンが亡くなっても全然悲しんでいなかった、という話もあった。

でも実際のミックはコンサート前、部屋の隅で泣きべそをかいていた。
「とにかく俺たちは前に進むしかない」
という気持ちでコンサートに臨んだのだ。

”いろいろなことがあったけど、
それだからって何も死ぬことはないだろう”
とキースは言う。

――そんなこんなで、
「Crossfire Hurricane」を観た私は、「No Expectations」を聴きながら”思わず涙”だったのでした。

来年はストーンズ、レコード・デビュー50周年。

東京jajoukaも、それを大々的に祝うライヴを現在計画中しているそうです。(6月8日(土)を予定しているそうです。

2013年も目が離せませんね!

あなたの”一生懸命”を応援します☆
複数ブログ運営中!更新報告はtwitterから!フォローお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 冬の星 より:

    はじめまして。今日偶然こちらのブログにたどり着きました。
    随分以前の記事へのコメント、申し訳ございません。
    私もこの映画の中の
    「No expectationsでブライアンがとても美しいフレーズを奏でた」
    という台詞、
    そして、ハイドパークコンサートの前にミックが楽屋で泣いた、
    という場面で胸をうたれ、思わず涙してしまいました。
    メンバーだけにしか分からない複雑な思いを、それぞれが胸に秘めていたのだなぁ、と。
    そんな当たり前のことに、今まで気づきませんでした。
    この映画を見ることができて、本当に良かったです。

  2. るか。 より:

    冬の星さん
    はじめまして。
    素敵なお名前ですね☆
    メンバーは、
    特にミックは全然悲しんでなかった
    などと書かれていることもありますが、
    私は、
    「そんなことないでしょ」
    って思っていました。
    前の記事にも書きましたが、
    脱退後のブライアンを気にかけていたり、
    ハイドパークで放った蝶も、
    ブライアンを想ってのことだったと思っています。
    そもそも、そんな薄情なメンバーだったとしたら、50年も支持されるわけがないです。
    ファンの目は節穴じゃない!って思います。
    それなりの人間性、強い精神力を備えているから、こんなにも長い間、活躍できるのだと思います。
    この映画で、メンバーの本音が聞けて、よかったと思います。
    ファンにわかってもらえたことで、
    ブライアンも喜んでいると思います^^